Alopecia Style Project ( 2 )

Category
「生きるを伝える写真展」福井大学附属病院にて展示されます。

「生きるを伝える写真展」福井大学附属病院にて展示されます。

関東運営をさせていただいている「生きるを伝える写真展」。 ミニバーションが福井大学医学部附属病院内で展示されます。 2018年7月17日〜23日 髪を失っても、自分らしい笑顔を持ち続けることはできる。 ありのままを受け入れてもらえる幸せ。 今まさに病に立ち向かわれている方に、届きますように。 髪を失った女性のための活動...Read More
「生きるを伝える写真展」髪を失った女性を見て、あなたは何を感じるでしょうか。

「生きるを伝える写真展」髪を失った女性を見て、あなたは何を感じるでしょうか。

髪を失った女性たちの写真展。 それを見てどんなことを感じるのだろうか。 勇気をもらう人もいるだろうし、 ショックを感じる人もいるはず。 誰かを思い出して、 心に痛みを感じる人もいるはず。 「すべてあなたが感じたことで大事なこと。 それを感じに来てください。 それを大切にすることこそ、 あなたの生きるということだと思いま...Read More
なぜ「やっぱりモテたいっ!」なのか。

なぜ「やっぱりモテたいっ!」なのか。

「自分を受け入れてもらいたい」って気持ちがあるからコンプレックスは生まれる 誰もが持つ「好きな人に愛されたい」「自分を受け入れてもらいたい」という気持ち。 これってとっても素敵な気持ちだと思うのですが。 コンプレックスを作っているのも、この気持ちなんじゃないかな。 私たちは『髪がない』という症状ですが。 これがどうして...Read More
国連本部で展示

国連本部で展示

ニューヨークでは国連本部でのヘッドスカーフを展示させていただきました。 ご縁をいただきました皆さま、ありがとうございます。 ヘッドスカーフは単に隠すためのものではなく、 着けた方が自分を認め、そして周りの方にも笑顔をもたらしてくれるものだと思っています。 開発当初から、髪を失った女性にとって、このスカーフがどんな意味を...Read More
ニューヨークOFF-BROADWAYからのメッセージ

ニューヨークOFF-BROADWAYからのメッセージ

オフブロードウェイでパフォーマンスを通して思いを発信するということに挑戦いたしました。 以下、Alopecia Style Project 斉藤淳子がステージ上で語ったな内容です。 ありのままの私で生きて行く 私たちは 今ここに存在しています。 そして、世界の意識は変わります。 その意識は、私からあなたへ あなたから ...Read More