乳がん治療の前に。美しい姿を残したい。

乳がん治療の前に。美しい姿を残したい。

ASPJでは高橋絵麻さんの『生きるを伝える写真展』に関わらせて頂いていますが、そのときに強く感じたこと。
女性にとって、美しく写真を撮ってもらうことは心の支えになるということ。

治療で胸や髪を失うのは仕方ないことだけど。
でもそれはすんなり受け入れられるかっていうと、ちょっと難しかったりする。

でも写真を通して、女性としての自分を保てることは治療の力に、そしてその後の人生においても自信になるのではないでしょうか。

綺麗でありたいと願う気持ちは、女性の生きる力の源だと感じます。

こんなクラウドファンデイングを実施されている方がいらっしゃいます。
これから治療に向かわれる方の力になりますように。

生きるための決意の一枚。乳がん手術前の安心撮影スタジオ創出!