介護施設でのメイクフォトイベント。綺麗になりたい「気持ち」を大事にしたい。

介護施設でのメイクフォトイベント。綺麗になりたい「気持ち」を大事にしたい。

「綺麗になりたい、と願う気持ちこそが、美しい」

ネット上にはメイクやファッションの情報があふれていて、
インフルエンサーといわれる美人でスタイル抜群なキラキラした女性が、完璧な美しさを誇っている。

メイクって女性にとっては毎日のものなのに、なんだかちょっと遠い人たちのもののような居心地の悪さを感じていました。
特に髪を失ったり、障がいを持っていたりすると、ファッションやメイクは、諦めてしまいがち。

でもASPJでたくさんの髪のない女性や、他の症状を持っている女性と接する中で、心を揺さぶられることが多くありました。
メイクが仕上がり「すてき」と褒められ、嬉しくて笑顔になったときの、女性の内側からの輝きです。

正直、どんなに上手にメイクをしたからといって、いきなり女優さんのような顔にはならない。
それでも、綺麗になった自分を鏡で見つめる心のときめき、笑顔で声をかけてもらえる嬉しさ。
そのときに、女性は内側からエネルギーが湧き出てきていたのです。

そんなことを感じるたびに、なんて女性は綺麗なのだろう、と私は惹きつけられてきました。

「綺麗になりたい、と願う気持ちこそ、美しい。」

私はこの前向きな気持ちのベクトルこそが女性らしさなのではないかと感じるのです。

きっとそれは髪のあるなしや、症状のあるなしには関わらなくて。
今、綺麗になることに蓋をしてしまっている人や、後回しになっている人に。
自分の奥にひっそりといる女性としての自分を、感じてほしいなと思うんです。

先日、介護施設でメイクフォトイベントをいたしました。
フォトグラファーには、メイク途中の写真も撮ってくれるようにお願いしています。
少し緊張してメイクをしてもらう姿。
鏡の中の自分を見つめる姿。
そしてメイクと嬉しそうに会話する様子。
そこには、美しさへの戸惑いや、憧れ、楽しさが必ずあり、それこそ女性らしさだと感じるから。

「自分を好きな自分を見つけに行こう」

ASPJのキャッチフレーズ。
これからもみなさんと一緒に、自分に微笑みかける気持ちを見つけにいきたいと思います。

髪を失った女性のための活動を行っております。
オフ会・パフォーマンス・アートイベントなど
Alopecia Style Project Japan

ラジオ配信中 過去放送分お聴きいただけます。
「ASPのやっぱりモテたいっ!」