ヘッドスカーフ かわいく着用するためのコツ

ヘッドスカーフ かわいく着用するためのコツ

ヘッドスカーフ 似合う着こなしはその人次第です。

人の顔って、サイズも雰囲気もみなさん違います。

ヘッドスカーフも着用するとき、その方に似合う位置があります。

ポイントは

・かぶる深さ

・顔周りのライン

・結び目の位置

・結び方

・耳の出し方

1)かぶる深さ

かなりおでこを出して浅めにかぶる、眉毛ギリギリくらいに深めにかぶる。

私は浅めに被るのが似合うようです。

2)顔周りのライン

おでこのラインに沿って丸く。

直線的に。

斜めに。

前髪の残っている方は、その前髪をどう出すかによっても違いますね。

3)結び目の位置

おすすめは利き手側の耳の後ろあたりです。

シュシュで結ぶときには、利き手側のほうが結びやすいです。

また、正面から見たときに、シュシュの結び目が見えた方が、華やかになります。

髪の毛がなく、頭の丸みが強調されるのをアシメトリーのデザインでカバーしています

4)結び方

シュシュで結ぶときに、残りの布を長く垂らす。

残りの布を二つ折りにして、まとめる。

シュシュを使用せずに、手持ちのバレッタなどで留めるのも素敵です。

5)耳の出し方。

全部出す。半分出す。すべて隠す。

耳にどうかけるかで、ずれやすさなども違います。

私は耳の少し上を隠すバランスが、見た目もずれ防止にもベストポジションです。

顔、耳、頭の形は人それぞれです。

シャツでも、ボタンはどこまで開けるのか、袖はまくるのか、裾は入れるのか、自分にフィットする着こなしがありますよね。

ヘッドスカーフも、ご自身に合わせて、着こなしてください。

鏡の前で、あれこれと試すことは、女性なら誰でも楽しいひととき。

ジャストフィットなつけ方を見つけてみてください。

髪を失った女性を笑顔に変えるヘッドスカーフ
ご購入はこちらのサイトから

ヘッドスカーフ着用方法 こちらの動画でご確認ください。