小児アピアランスケア「チャーミングケア」とは

小児アピアランスケア「チャーミングケア」とは

「暗くなろうと思えばいくらでも暗くなれる中、親が明るく過ごすこと、病気なんて笑いで吹き飛ばしちまえ!というその活力は、振り返ってみれば子どもにとっての最強のメンタルケアになったんじゃないかなと思います。」

チャーミングケアという概念を立ち上げたれた石嶋瑞穂さんの記事。
「親の明るさは最強のチャーミングケア」

私が脱毛症になったときに、一番苦しんだのは私ではなく私の母でした。
そして私が一番辛かったのは、髪を失ったことそのものではなく、そんな母を見ることでした。

子どものメンタルケアにおいて、親の明るさがどれだけ大切か。
とても重要な視点だと思います。