ウィッグとスカーフの使い分け

ウィッグとスカーフの使い分け

どんなにスカーフが快適でも、着けるのに抵抗があるときってあります。例えば、お仕事のとき、子供の学校行事。

脱毛患者さんにとって、ウィッグはやはりなくてははならないもの。どちらか、ではなく場面や気分によって使い分けるのが良いと思うのです。私ももう一つのお仕事のときはウィッグを使用しています。いくら心地よくてもTPOに合わないものは美しくありませんから。

どんなに素敵で快適でも、デニムはビジネスには着ないでしょう。仕事ではスーツをビシッと決めることで気持ちも引き締まったりするもの。

でも自宅に帰るとウィッグを外し、スカーフで肌を休ませてあげる。ウィッグはスーツ、スカーフはでデニムでしょうか。

自分の心地よさというのは、周りとの調和から生まれるものだと思うのです。

髪を失った女性を笑顔に変えるヘッドスカーフLINOLEA-リノレア−