取材 絶賛受付中です

取材 絶賛受付中です

讀賣新聞社様に取材をいただきました

脱毛患者さんへの理解を進めるため、私の活動をこうして取り上げていただけることはとてもありがたいことです。
讀賣新聞社様、ありがとうございました。

取材 絶賛受付中です

どうして脱毛女性は見た目をコンプレックスに思うのでしょうか。
なぜ髪がないというだけで、人生への自信までも失うことになってしまうのでしょうか。

人は見慣れないものに対して嫌悪感を抱くものです。これは人の本能から来るものなので仕方のないことなのかもしれません。でもその嫌悪感は、「知識」と「経験」によって払拭することができるはずです。

髪の毛がないからといって、充実した生活を送れない、なんてことはありません。
髪がないことはその人を構成する要素の一つにすぎません。

その想いを伝えるため、私はスカーフをつけます。
スカーフをつけて、ファッションを楽しむ。笑顔で人生を楽しむ。

よく分からず暗いイメージだった脱毛症というのものに、正しい知識と明るいイメージを持っていただきたいのです。
そしてひとりでも多くの方に、脱毛という症状に少なくない女性が向き合っていることを知っていただく。

もし身近な人が脱毛症で落ち込むことがあれば、個性の一つだと自然に接して上げて欲しい。
髪がないことが、「かわいそうなこと」「奇異なもの」ではなく、髪の長い、短いと同じ違いであると認識してもらうこと。

そんな社会になれば、いままさに鏡の前で泣いている女性はどれほど生きやすくなるでしょう。
そのためには何よりも脱毛というものを知ってもらうことが大事だと考えています。

取材等の機会お待ちしております。
お問い合わせはこちらから。

髪の毛を失った女性を笑顔に変えるLINOLEAーリノレアー 購入サイト