soar NPO法人 設立記念パーティー

soar NPO法人 設立記念パーティー

マイノリティの人々が内に秘めている可能性を信じ、その輝く瞬間を追い求めているsoar(ソア)さん。

NPO法人化されたということで、設立記念パーティーにお邪魔してきました。

多くのマイノリティと言われる方々が参加されていました。LGBTの方、全盲のクライマー、義手、車椅子どの方も素敵な方でした。でも、特にギラギラしていないし、無駄にフレンドリーでもないし、いたって自然体の方々。

soarさんのナチュラルで暖かい雰囲気。とっても心地よい空間でした。

障害者、というとなにか固定されたイメージがあるように思いますが、実際に会ってみると、普通にそれぞれ違う個性をお持ちの、普通の方々なのです。持っている障害だけで、その人の人格までイメージ付けられるようなものではありません。

障害を理解するということは、障害以外の魅力で彼らを感じ取れたときに、成り立つのではないかと思うのです。

お写真は、車椅子ダンサー神原健太さん。めっちゃかっこよかった。ダンス好きですが、芯があって世界観のある動きに見入ってしまいました。これは相当長いことやっているのだろうと思ったら、ダンス経験は1年とか。いやーすごい才能。「車椅子だから」とか言ってたら開花しなかった才能と思うと、すごい。

あまりにかっこよすぎて緊張して話しかけられなかった(笑)知り合うことが大事、と上には書いてありながら相反する私のヘタレぶり。

コンプレックスを個性に。ヘッドスカーフLINOLEA