GACKTが脱毛症を告白し、共感を集めることから分かること

GACKTが脱毛症を告白し、共感を集めることから分かること

GACKTさんが円形脱毛症だということをブログにアップされています。
そしてたくさんの方から共感を得ているそうです。

GACKT official blog

芸能人にとって、外見というのは、一般人の何倍も重要なはず。
それなのに、カッコ悪い部分を公開して、笑い飛ばすことができること、強さを感じます。
そして、さらにそれを逆手にとって、ネタにして共感まで得る・・・。

見た目だけで売っていれば、脱毛なんてひたすら隠すべきでしょうが
きっとGACKTさんは、容姿とそれに対する自分の姿勢までが
自分の商品だと思っているのでしょう。

GACKTさんに共感が集まる、ということは、
人は容姿だけではなく、それに対するその人自身の向きあいかたも含めて判断している、ということ。

外見は自分を表現するツールのひとつでしかありません。
脱毛というマイナス要素も、笑っていれば、それは素敵な個性になるのです。

(ブログ本文より)
ボクはこう思う。
どんな嫌なことも過ぎてしまえば
すべて笑い話になるように
生きていくことの方が大切だと。

『そんな時は笑ってろ』

これでいい。
笑ってればどんなことも
そのうち本当に笑い話になる。

(備考)
脱毛症には程度の差があります。
 全身の毛が抜けてしまうタイプ
 円形脱毛症がたくさんできるタイプ
 ひとつだけ円形脱毛症ができるタイプ などなど
私の場合は円形脱毛症がたくさんできてしまうタイプなど、程度の差があります。
医学的なことは以下HPをご参照ください。
日本皮膚科学会HP

小さなコンプレックスは 笑顔とLINOLEAのヘッドスカーフで笑顔に変えられる。