入院中の方へのお土産にヘッドスカーフがオススメな3つの理由

入院中の方をお見舞いするときに、なにをお土産に持っていくか悩みませんか?

そんなときはぜひヘッドスカーフを。喜んでいただけるはずです。

①お花、食べ物はNGな場合がある。

生花は花粉や強い香り、細菌などの問題からNGにしている病院があります。

また療養中は味覚も変わりますし、どんな食べ物なら美味しく食べられるかも分からないと悩みますよね。

そういうときは現金が楽だけれど、やっぱりそれじゃ味気ない。

②シャンプーができないときに、髪の毛を隠すことができる。

入院中って入浴もできないことがありますよね。そうするともちろんシャンプーもできない。

女性にとってはそんな状態でお見舞い客の方に会うのって結構抵抗があります。

そんなときに、ヘッドスカーフならサッとかぶることができます。

③明るい色と柄で、手に取ると明るい気持ちになる。

病院って、どうしても気持ちが落ち込むもの。

パジャマしか着られない、メイクはできない、ましてヘアセットに時間をかけるなんてとても無理。

でも女の人って、身に付けるもので気持ちが変わるもの。

明るいスカーフを身につけて、同室の方に「かわいい」なんて言ってもらえたら、それだけで元気出ちゃうものです。

ヘッドスカーフは私が髪を失って落ち込んでいたときに、明るい気持ちを取り戻させてくれたもの。

いくつになっても、どんなときでも、きれいでいたいのが女性です。

大切な方に笑顔をお届けできるヘッドスカーフ。ご購入はこちらから。贈答用ラッピング承ります。