ヘッドスカーフ LINOLEA

ヘッドスカーフ LINOLEA

女性の見た目の7割を決めるというヘアスタイル。
その髪の毛を失うことの衝撃は計り知れません。
私は多発性脱毛症により髪を失いました。
そのときから私の容姿は、隠さなければ外出もままならないコンプレックスそのものになりました。


そんな私に笑顔を取り戻してくれたのは、色鮮やかなスカーフ。
ある日、頭に巻いて出かけたとき、思いもかけずに褒められたこと。
「素敵」「おしゃれだね」「笑顔がいいね」

髪のないことは困難な現実かもしれません。
でもそれをどう捉えるか。どう活かしていくのかは自分次第。

ヘッドスカーフで楽しく、生き生きとした毎日が届きますように。

発症したのは2人目の娘を出産した後。
500円玉くらいのものが一つ見つかりました。
でも円形脱毛症なんてよくあること。数ヶ月で治るものだろうと軽い気持ちで皮膚科を受診しました。
でも病院では、一つだけではなくてあっちにもこっちにもたくさんあるよって。「多発生円形脱毛症」という病名でした。

 「多発生円形脱毛症」は複数箇所に円形脱毛を発症する病気。
原因ははっきりしておらず、治療法も確立されていません。
なんらかの原因で、自己免疫機能が暴走して、自分の毛根を敵だと認識して攻撃している状態だそうです。

 処方されたステロイドを塗ったり、紫外線照射をしたりしましたが、全く効果はなし。日に日に髪は抜け落ちて行きました。
ステロイドの内服もしましたが、副作用がとてもつらく起き上がれないほどに。
自分の体なのに自分にもどうにもならない。
体が壊れていく流れには、医療も追いつかないことがあるんだと実感しました。

 そんな中で、一番私が辛かったこと。それは自分の容姿が変わっていくことではなく、周囲の人たちの気持ちまで落ち込ませてしまうことでした。
私の髪を見て、優しさからどう言葉をかけてよいかわからずに困惑する友人、自分たちのせいではないかと心を傷める両親。
私の外見は、私だけのものではなく、周りの人々へのメッセージであると感じました。 

半年ほどで3分の1くらいまでなくなってしまった私の髪。
ウィッグをかぶるようになりましたが、考えるのは、バレないかどうか、自然に見えるかどうか。コンプレックスを深堀していきました。
しかもウィッグはとても高額。コンプレックスはこんなに高いものなのかと、とても悔しく感じました。 

そんなとき、手持ちのスカーフを頭に巻いて出かけたところ、友人たちから思わぬ反応が。
「すごく素敵」
「かわいい」

褒められたことで、気持ちが一気に明るくなったのを感じました。
ファッションの楽しさが戻ってきたよう。
スカーフに合わせて洋服やアクセサリーを選ぶ。その心弾む気持ちは、子育てに追われる中で、忘れていた感覚でした。

もっと手軽に楽しめるスカーフがあれば、同じように髪の毛を失った女性の役に立てるのではないか。

東日本大震災のときに、とても強く思ったことがありました。人の役に立てる力が欲しい、人の力になる活動がしたい。ということ。

当時、1歳の長女を育てる主婦だった私には、同じように子供を抱えて苦しんでいる人がいることがわかっているのに、なにもできないことが歯がゆかった。夫の収入でやりくりしているのですから義援金だってほんのすこししか出すことができない。だからといって、現地でボランティアをしようとおもっても、子供がいては難しい。

一方で、何千万円も義援金を送り、マンパワーも提供している事業家の方々がいる。
この気持ちを形にできる事業家がとてもうらやましかったのです。

 もしかしたら脱毛症という経験を、同じ症状に悩む人たちのために活かしたら、きっと役に立つことができるのではないか。そう思い立ちました。
具体的な事業計画を作成するため、ビジネススクールに通いました。
仲間と一緒に、毎回ビジネスプランを話し合い、裏地にシルクを使用したヘッドスカーフの案が固まってきました。

シルクの肌への親和性は天然繊維の中でも抜きん出ています。
人間の肌のアミノ酸組成と、シルクのそれは、酷似しており、アレルギー反応が起きづらいのです。
特に群馬県の碓氷製糸組合で作られるシルクは製造過程でホルマリンを使用していない世界で唯一の場所。
これこそ、髪を失った頭皮に世界一優しい生地だと、興奮しました。 

このプランを持って「群馬イノベーションアワード ビジネスプラン部門 一般の部」入賞。
その後、Ready For Lady賞 受賞。

多くの方の応援とご支援をいただき、製品化いたしました。

 髪がないことが、コンプレックスではなく、個性として受け容れられ、調和できる社会に役立てられれば。

そう願い、会社名をArmonia、イタリア語で「調和」と名付けました。

 このスカーフが一人でも多くの女性の自信を取り戻し、笑顔を増やしてくれること。私は信じています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-15-37-06

The following two tabs change content below.
Armonia,llc

Armonia,llc

Armonia 代表 角田真住です。 3年前に多発性脱毛症を発症。髪の毛を失いました。 脱毛女性のためのソリューション提案したくArmonia設立。